こんにちは、にじいるかです。

 先日ブログのヘッダーを更新しました。今回は「Aviutl」で画像を合成する方法を試してみので、今回はその際の合成方法を解説してみようと思います!
↓完成版はこちら!
Blog2-s

具体的な合成手順

1. まずは背景を設定しました。今回は全体の色合いを先にイメージして以下のグラデーションを背景にしてみました。[メディアオブジェクトを追加]→[図形]→[背景]を選択。その後、[グラデーション]のエフェクトを選択しました。
背景

2. 次に今回のメイン画像素材を用意しました。今回は無料で高画質な著作権フリーの写真をDLできる「Pixabay」というサイトより、DLさせていただきました。 <( _ _ )> 爽やかな波の写真🌊
素材
 ここで、こちらを"乗算"で合成しました。
合成
 透明度を高く設定してレイヤーするよりも、乗算したほうが透き通るような印象の画像になります。

3. テキストを"通常"で合成します。(上のレイヤーを単純に重ねているだけです。) 背景と文字を分離して視認性をよくするために通常合成をしました。
文字合成
 お洒落🍷✨ これはこれで素敵なのですが、今回は視認性の高さを高めることを重視してテキストを縁取りしてみました💡
文字合成縁取り

4. 最後にアイコンを合成しました。
アイコン合成色なし
 アイコンが鮮やかななために視線を集めてしまう気がしたので、インパクトを下げるためにアイコンを白くしてみました。 
アイコン合成





Windows標準搭載アプリで仕上げ

 次にAviutlからPNGファイルに出力方法をまとめます。プラグインを導入するのもいいのですが、今回はお手軽に実践できる方法をご紹介します。

1. 編集画面上で右クリック。→"クリップボードに出力をコピー"をクリック
右クリック

2. ペイントに貼り付け。右クリックで貼り付けましょう!
貼り付け

3. Windows標準の「フォト」でトリミング。
トリミング
 欲しいサイズでトリミングしましょう!

4. 出来上がり!
↓完成版。
Blog2-s




ヘッダー=アーティストらしさ!

 以前は、PowerpintPictbearでヘッダー画像を作っていたのですが、Aviutlでは様々な今回述べた通り様々な合成方法を利用できますし、発光やブラーといた便利なエフェクトを利用することもできます。たかがヘッダー、されどヘッダー…。しかし、アーティストの顔となる重要なパーツです。Aviutlを駆使して自分らしい一枚を作成してみませんか(^o^)丿?!





P.S.今回YouTubeチャンネルのヘッダーも更新してみました。
是非そちらもご覧ください(  ̄▽ ̄)b