鍵盤

こんにちは、にじいるかです。

 音楽理論を勉強するメリットとはなんなのでしょうか。それが分からないまま単に勉強するだけでは苦痛に感じる人もいるかもしれませんね。(なかなかタフな課題も出てきますし...)今日はどのようなメリットをがあるか、ボカロP、歌い手、弾いてみたで活動する人に向けてまとめてみました。






1.(ボカロP編)スピーディーに曲を書ける

 曲を分析して、解釈して、曲をかいて...それらをする時の定規となることでしょう。その定規によって、表現したいことを表現したり意図的に空気を作り出すしたりできます。一つ安定した土台を作ることでスピーディーに曲を書いてストレスを減らすことにも役立ちます。無駄な悩みを持たなくなれば、より表現することに注意を割けるようになります。今は学ぶ必要性を感じていないかもしれませんが、今から学び始めていれば将来理論を活用したいと思ったときに活用できるでしょう。(理論の習得は、しっかりやろうとするととても時間がかかります...)下に参考書のリンクを張ってみました。本屋さんで実物を見たら、時間がかかることがなんとなく分かるかもしれません。






2.(歌い手編)ピッチ補正がラクになる

 今自分がどの音を発声しているか、理解せずに外した音を歌っていたとしたら...ピッチ補正がとっても大変になります。自分でMIXしていなくても、MIX師さんが快適に作業できたり、より繊細な部分に注意を割くことができるようになったり、より歌い手を推したくなったり...ポジティブなサイクルになります!また、歌ってみたをする人の分母が多くなった今日において、後発の人が大きなチャンスを手にするには実力が必要です。初期のYoutuberは、最高の画質や音質じゃなくても大丈夫でしたが、今の人気Youtuberは映像が綺麗じゃないですか?パイオニアに比べて後発の人はいろいろと技術が要求されるのはいろんな分野で言えるのかもしれませんね。






3.(楽器演奏者編)暗譜がラクになる(重要!!)

 楽器演奏をされるあなた!理論を知っておいたほうが圧倒的有利です!理論習得によって覚えるべきことが格段に減るからです!それに伴って掴めるチャンスの量が変わってきたり、睡眠時間を確保して演奏に集中できたりできます。これはとても重要です。また、オリジナル曲を作らねければいけないシーンに直面した際、他の楽器の使い方の方針を立てられます。






まとめ

 いかがだったでしょうか。自分が該当しないものでも面白い部分があったかもしれません。次回から、順を追って音楽理論の記事を書いていこうと思います。鍵盤奏者じゃない人でも、五線譜と音が出るキーボードを用意していただけたらスムーズに記事を読めるかと思います。

以下に参考書のリンクを貼ってみました。これらを書店で見て高いハードルに感じる人もいるかと思いますが大丈夫です!必要な部分を分かりやすく記事にしてきたいと思います。



楽典―理論と実習
石桁 真礼生
音楽之友社
1998-12-10

和声―理論と実習 (1)
島岡 譲
音楽之友社
1964-03-01

和声―理論と実習 (2)
島岡 譲
音楽之友社
1998-12-10

和声―理論と実習 (3)
池内 友次郎
音楽之友社
1966-07-01