注:受験やテスト対策として和声やコードを勉強する方はご自身で音楽の先生のレッスンを受けてください。当ブログは厳格な教育プログラムではありません。今回の記事で用意するもの①音が出る鍵盤楽器②ブログの末にある添付資料こんにちは、にじいるかです。 さて、今回か ...